0538-37-3058

FAX.0538-37-1919 静岡県磐田市万正寺499-2

真四角線コイル

真四角線コイルとは

丸線コイル

丸線コイル

真四角線コイル

真四角線コイル

電線は長い間、丸い形状で電気、電子部品の進化を支えてきましたが、近年コイル部の性能を更にアップできる電線として2000年頃に真四角線が製品化されました。 占積率のアップ、表皮効果のメリット、放熱効果のアップ、省スペース化、パワーアップ化等、真四角線を使う事で、コイルに要求される特性を最大限に発揮する事が出来ます。
正に21世紀の電線は丸から真四角に変わると言われており、電子、電化製品から自動車産業機器、航空機産業機器、宇宙産業機器まで、真四角線の用途は様々です。

真四角線コイルの5つのメリット

占積率の向上

丸線で巻線したコイルに比べ、真四角線コイルは
占積率が27%アップ

表皮効果のメリット

丸線と同じサイズの真四角線は表皮効果の面からも優位なため
電流が多く流れる

コイルのパワーアップ

断面積比から真四角線コイルは丸線より
抵抗値が15%以上の低下(同電圧、同電流で比較)

放熱性の向上

丸線と比べ、隣同士の接触が大きく、空間が無い為、
熱の保温がされ難く、放熱効果に優位

省スペース化

同じ抵抗値の真四角線コイルは線径を細く出来ることで、
全体の省スペース化、トータルコストダウンが可能

ADVIKの取り組み

これまでの問題点

  • 真四角線コイルの自動巻線加工は丸線と比べ難しく、弊社では製品供給出来なかった。
  • 対応は可能だが、手巻きでの対応の為、加工に時間がかかっていた。
捩れの発生による
スペースロス
形状の維持が困難
装置の
専用プログラムが外注
助成金事業計画
「真四角線コイル巻き線技術の確立」

確認できた成果

捩れないよう供給する
仕組みの確立
整列に巻く治具構造及
び、独自補助装置の確立
巻線装置のプログラム
確立

試作品事例

ボビンレスコイル
製品名 ボビンレスコイル
サイズ φ9×φ12.8×5.5mm(ワイヤー寸法□0.3)
コメント 丸線(φ0.3)で製作している既存品と同じ巻き数 [96turn]を巻いた。(16turn/層×6層) ワイヤー供給方法と機械動作(巻線PG)の工夫が ポイントとなった。
ステータ
製品名 ステータ
サイズ 外径φ50ステータ・分割コア(ワイヤー寸法□1.05)
コメント 丸線(φ1.1)で製作している既存品を真四角線で試作した。(巻数16.5T) 2層目から3層目に移るときの機械動作と形状の保持の工夫により実現した。

真四角線コイル

真四角線コイルの巻線技術を確立することで、 より高い性能のコイル試作開発を請け負うことが出来るようになりました。

補助事業により開発した技術(成果品)は、既存取引先から高い評価を受け、試作開発に使用した機械装置は生産転用を行いつつあります。